通販型自動車保険

ちょと気になっていたのが通販型の自動車保険です。
最近何かと目にする機会が増えているのがこの通販型自動車保険です。
どこか1社というよりも通販型に興味がありました。

その理由はなんとなく安そう!

これまでも保険の見直しは都度してきました。
生命保険・医療保険・学資保険などもベストと思える保険に切り替えたりしました。

それなのに自動車保険は長年放置していました。

通販型って本当に安いの!?

これまでずっと同じ会社を使ってきました。
それは付き合いもあってのことでした。

しかし、担当してくれてた人が退職したこともあり、
だったら一度試しに見積もりしてみようってことになったのです。

結果は「年間に5万円の節約」ができるという結果でした。
これには相当驚きでした!!!

たまたま最初に見積もりしたところが一番安かったんです。
このことはあとから分かったことです。

最初の会社があまりに安く入れることがわかったため
他にも安い会社があるのかと思って、4社で見積もりを取りました。

かなり近い保険料の会社もありましたが、最初の会社以上に安いところはありませんでした。

このことからわかったことは通販型はマジで安いということ。

補償内容を削ることで保険料を安くしたのでは意味がありません。
そんなことして安く入っても事故したときのための自動車保険なので本末転倒です。

補償はきっちり入っておくけど、保険料が安い会社を選びました。

車両保険の免責

これまでの会社と補償が全く同じではありません。
一部違ってるところがあります。

たとえば、車両の免責です。
これまでの会社は初回0円という設定でした。

免責とは車両保険を使うときの自己負担額です。

この金額を最大値に設定すると保険料は安くなります。
車両保険を使うときに負担があるのは嫌ですが、
そもそも今の保険の等級制度を考えるとできるだけ車両保険は使いたくありません。

その場の修理代は浮きますが翌年以降の保険料が上がってしまうからです。
このことを踏まえると、免責金額は高めでも良いのではないかと考えました。
そこで1回目から20万円の免責金額に設定しました。

このことで保険料が安くなった要因のひとつになってます。

ちなみに免責金額の設定は保険会社によって幅が違うので、ニーズに合ったところを選ぶようにしましょう!